創業者・開業者の方へ! 3,000件を超える相談実績。119番資金調達.netでは毎日、無料相談を実施中。 03-6240-9671
119番 資金調達.net

    詳しくはこちら


TOPページ


プロフィール

料金、サービスについて

事務所の所在地


特定商取引法・個人情報保護法の表記

これまでの実績・解決事例

お客様からのお礼の声

サイトマップ




特集関連

融資成功 FAQ

再チャレンジ融資の活用法

金融検査マニュアルの裏技的使い方

融資制度お勧め特集

少人数私募債への挑戦

債務の減額テクニック

融資申込みNG集

上手な支援策の利用法

登記手続きでトクする方法

新会社法FAQ辞典

敷金返還 ノウハウ

FC加盟  資金調達編

FC加盟  トラブル・対策編



日本政策金融公庫関連

日本政策金融公庫の特徴

融資ための必要書類

公庫融資 必勝の極意

事業計画書作成の流れ

実践!事業計画書作成 & ポイント



信用保証協会関連

信用保証協会融資の特徴

保証と制度融資との違い

保証協会利用上の注意点

利用条件と利用不可の場合

中小企業者とは

保証対象業種とは

保証料について

保証人と担保

代位弁済とは

制度融資の申し込み方法



創業者向けコンテンツ

融資獲得のための正しい会社の設立方法

500万円最速調達セミナー

創業予定者応援講座

正しい自己資金の考え方・作り方

創業時融資制度の改正点

自己資金0でも借りれるか



経営者向けコンテンツ

制度融資って何?

制度融資 メリット・デメリット

金融機関はここ見て貸す!

セーフティネット融資で危機脱出

債務者区分の秘密

債務者区分攻略法

債務者区分判定チャート

赤字決算の場合の対処法



その他コンテンツ

申込み~融資実行までの流れと期間

主要利率一覧表

責任共有制度ってナニ?

100%保証が受けられる商品はこれだ

公的創業融資を確実に引き出す本

事業再生士とは?

セミナー紹介

リンクサイト



代位弁済とは? その解決策は?

   電話無料相談 (20分)随時受付中! 03-6240-9671



    


    「代位弁済」とは、金融機関から信用保証協会の保証付きで借りた融資を返済できない場合に、
    信用保証協会が金融機関に代わって返済をする制度を言います。

    これにより、信用保証協会は債務者に対して「求償権」を取得するので、その後においては、
    債務者は信用保証協会に対して弁済をする責任を負います。

    ここでは代位弁済の概要や、その後に取るべき手続きについてご説明します。


                   
→ 『「代位弁済」とは?』の詳細はこちらへ


    


    「代位弁済」というと、「何もかもすべてを失ってしまう」とか「今後、一切の事業ができなく
    なるなどのイメージをもたれる方が多いと思います。

    しかし、実際には多くの方がそのまま事業を継続しており、また、これがきっかけとして事業の
    再生に取り組まれている方もいらっしゃいます。

    とはいえ、代位弁済をした場合には、その返済が終わるまでは新規の融資は受けられなくなりま
    すし、信用情報機関なども登録されることとなります。

    では、代位弁済とは、本当に怖いだけのものなのでしょうか?
    ここでは代位弁済の最近の現状をお伝えいたします。

                   → 『「代位弁済」は本当に怖いのか?』の詳細はこちらへ



    


    もし、あなたのところに代位弁済の通知が来たなら、あなたはどうしますか?

    「代位弁済」とは、どのような状況になったら通知が来るのか?ということから、実際に代位弁済
    の通知が来た時にはどうすればよいのか?ということについて、フローを使って説明いたします。

 
                  → 『「代位弁済通知」が来た!その後の対応』の詳細はこちらへ


    


    代位弁済がされたときに多くの債務者が最も望むこと、それは「今後の返済額をいかにして低く
    抑えるか?」ということではないかと思います。

     しかし、そのためには、信用保証協会が貸金の回収をするときに何を考えているのか?ということ
     を知っておく必要があります。

     ここでは代位弁済の交渉で重要となるポイントについてご説明いたします。



                   
→ 『「代位弁済」の交渉!成功の最大のポイント』の詳細はこちらへ


    


    「回収の極大化」都は、代位弁済の場合に限らず、債権の回収を行うすべての金融機関に与え
    られた使命です。

    しかし、これを逆に考えれば、これさえ満たすことができれば保証人への請求や担保物件の競
    売などを防ぐ可能性も見えてきます。

    そこでここでは、「回収の極大化とは何か?」、そのためには何をすべきか?」について考え
    てみたいと思います。


             → 『勝利のキーワード 「回収の極大化」とは?』の詳細はこちらへ


    


     代位弁済の手続きが始まってしまった場合には、状況によっては自宅や工場を手放さなくて
    はならなくなりますが、しかし、その場合にどのような手続きをするかにより、その後の返
    済額や負担がを大きく変ります。

    ここでは、一般的に混同されやすい「任意売却」と「強制競売」の違いや、その後の影響に
    ついてご説明いたします。


                   → 『「任意売却」と「競売」の違い』の詳細はこちらへ


    


    代位弁済の際に最も気がかりなのが、保証人への影響です。 

    代位弁済がされた場合には、早期に保証人対策をしておく必要があります。

    保証人がいる場合の対処法として、どのようなものがあるかをご説明いたします。


                    → 『保証人がいる場合の対処法』の詳細はこちらへ

      
    


    代位弁済がされた場合には、その後、信用保証協会と取り決めた金額の返済をしていくことと
    なりますが人それぞれにより返済のパターンやゴールの仕方も異なります。

    ここでは、それぞれのパターンについてご説明いたします。


                        
→ 『代位弁済後の返済について』の詳細はこちらへ 



    


    企業が代位弁済をされた場合には、信用保証協会がその請求権(求償権)を持っている間は新規
    の保証付き融資をうけることができないのが原則です。

    しかし、例外的に代位弁済後であっても「求償権の消滅保証制度」が利用できる場合には、以
    前と同じように保証付き融資を利用することができるようになります。

    それでは「求償権の消滅保証制度」とは、どのようなものなのでしょうか?


                          
→ 『求償権の消滅保証制度』の詳細はこちらへ



    


    一口に代位弁済をされたといっても「自宅が抵当に入っている」、「兄弟や親せきが保証人と
    なっている」、「廃業を考えている」とその状況は様々です。

    ここでは、これまでの事例をもとに、代位弁済に関する疑問にお答えします。


                           
→ 『代位弁済に関するQ&A』の詳細はこちらへ



             お問い合わせ、料金についてはこちら