創業者・開業者の方へ! 3,000件を超える相談実績。119番資金調達.netでは毎日、無料相談を実施中。 03-6240-9671
119番 資金調達.net 初回無料電話相談03-6240-9671 メールでのご相談ichigo.shikin@gmail.com  営業時間9:00~18:30(月~金)

  詳しくはこちら



TOPページ

プロフィール

料金、サービスについて

事務所の所在地


特定商取引法の表記

個人情報保護法の表記

これまでの実績・解決事例

サイトマップ



特集関連

融資成功 FAQ

再チャレンジ融資の活用法

金融検査マニュアルの裏技的使い方

融資制度お勧め特集

少人数私募債への挑戦

債務の減額テクニック

融資申込みNG集

上手な支援策の利用法

登記手続きでトクする方法

新会社法FAQ辞典

敷金返還 ノウハウ

FC加盟  資金調達編

FC加盟  トラブル・対策編



日本政策金融公庫関連

日本政策金融公庫の特徴

融資ための必要書類

公庫融資 必勝の極意

事業計画書作成の流れ

実践!事業計画書作成 & ポイント



信用保証協会関連

信用保証協会融資の特徴

保証と制度融資との違い

保証協会利用上の注意点

利用条件と利用不可の場合

中小企業者とは

保証対象業種とは

保証料について

保証人と担保

代位弁済とは

制度融資の申し込み方法



創業者向けコンテンツ

融資獲得のための正しい会社の設立方法

500万円最速調達セミナー

創業予定者応援講座

正しい自己資金の考え方・作り方

創業時融資制度の改正点

自己資金0でも借りれるか



経営者向けコンテンツ

制度融資って何?

制度融資 メリット・デメリット

金融機関はここ見て貸す!

セーフティネット融資で危機脱出

債務者区分の秘密

債務者区分攻略法

債務者区分判定チャート

赤字決算の場合の対処法



その他コンテンツ

申込み~融資実行までの流れと期間

主要利率一覧表

責任共有制度ってナニ?

100%保証が受けられる商品はこれだ

公的創業融資を確実に引き出す本

事業再生士とは?

セミナー紹介

リンクサイト





 


         事業計画書作成の流れ




      融資や資金の調達をするためには、自分が思い描く事業の内容を相手に正確、かつ簡潔に伝えられ
      なければなりません。

      そのためのツールが「事業計画書」です。

      もし、これが十分に作成できないということは、まだ、自分でもその部分についての理解がシッカ
      リできていないということを意味します。

      「事業計画」というと、堅苦しく思えるかもしれませんが、要はこれからやりたい事業の企画書兼
      設計図です。

      とはいえ、初めて計画を作られる方にとっては、「何が重要」で、また、「どこから手を付ければ
      よいか」なかなかポイントが絞れないと思います。

      そこで、以下では、「業計画書の作成のポイント」を説明いたします。
     
     




     
事業計画書作成の手順


     
① 事業のビジョンの確認

       なぜ「その事業をする気になったのか?」という事業の動機や、「どんな事業をしたいのか?」
       といった事業の内容や事業の対象、範囲など、これから行う事業の全体像をビジョンとしてまと
       めます。

       この段階では、あまり緻密なものを作る必要ありませんので、まずは頭の中で想定している事柄
       を書き出してみることが、計画づくりの第一歩となります。


     ② 市場の調査

       次に、これから始めようとする事業について、どけだけの規模があり、また、どれだけの将来性
       や競合先があるのかを調べます。

       この調査はある意味、事業計画のキモとなるべきものなので、シッカリと行ってください。
       もしこの時点で市場に見込みがなかったり、他のライバルに勝てそうもない場合には、思い切っ
       て他のプランに切り替えるという決断も必要です。

       なお、この調査の中でも、最も重要なのが、
       「実際に自分で現地(事業開始予定地)に行って調べてみる」
       ということです。

       また、その際には朝と晩、平日と休日、曜日の異なる日と、条件を変えて複数回にわたり調査
       をしてみることをお勧めします。

       これにより、さらに具体的に事業のイメージがわくとともに、不動産屋からの情報だけではわ
       からない生の現地の状況を知ることができます。


     ③ 事業内容の練り直し

       市場調査ができたら、この結果を踏まえて、もう一度、事業ビジョンを見直します。

       これにより、それまで単に頭で考えていただけの内容に、よりリアルな情報が追加されるため
       さらに厚みのある計画を作ることができるようになります。

       また、計画の見直しをする際には、自分だけでなく周囲の人間や経験者、専門家などの意見も
       必ず聞くようにしてください。


     ④ 事業計画書の作成

       ここまでの準備ができたら、事業計画書の作成に取りかかります。

       事業の方針、内容、対象、規模、オペレーションをどうするかについて、現地の調査結果を含
       めて、決定していきます。

       事業計画書の作成の上で注意すべきは、売上げや金額の根拠です。

       「なぜ、その売り上げを達成できるのか?」、「なぜその経費がかかるのか?」といったこま
       かな部分についてもキチンと説明できるようにすることが、資金調達獲得のポイントです。

       また、事業開始当初はあまり利益が見込めないかもしれませんが、その場合でも最低限の生活
       費と返済分の現金が捻出できる計画にする必要があります。

       開業時には返済の負担が大きいため、もしこれを減らしたいのであれば、「元金据置制度」を
       利用して、はじめの期間については金利支払いのみにするというのも一つの手です。
    
       リースなども一部に取り入れると、さらに当初の負担が低く抑えられますが、リースは途中解
       約が難しい場合が多いので、この点についても注意しておく必要があります。


     ➄ 事業計画の見直し・修正 

       一度作成した事業計画については必ず見直しをするようにします。

       単純な誤字・脱字のチェックの他、表現や言い回しなどについても、もう一度確認します。
       エクセルなどを利用している場合には、必ずセルごとに検算しましょう。

       また、単価や係数といった部分に間違いがあると、大きな変更が必要となりますので、最低で
       も2回以上の見直しをするように心がけてください。

       ➙ 「実践!事業計画書の作成&ポイント」へ続く

    


   お問い合わせ、料金についてはこちら


                      ホームに戻る