創業者・開業者の方へ! 3,000件を超える相談実績。119番資金調達.netでは毎日、無料相談を実施中。 03-6240-9671
119番 資金調達net

     詳しくはこちら



TOPページ

プロフィール

料金、サービスについて

事務所の所在地


特定商取引法の表記

個人情報保護法の表記

これまでの実績・解決事例

サイトマップ



特集関連

融資成功 FAQ

再チャレンジ融資の活用法

金融検査マニュアルの裏技的使い方

融資制度お勧め特集

少人数私募債への挑戦

債務の減額テクニック

融資申込みNG集

上手な支援策の利用法

登記手続きでトクする方法

新会社法FAQ辞典

敷金返還 ノウハウ

FC加盟  資金調達編

FC加盟  トラブル・対策編



日本政策金融公庫関連

日本政策金融公庫の特徴

融資ための必要書類

公庫融資 必勝の極意

事業計画書作成の流れ

実践!事業計画書作成 & ポイント



信用保証協会関連

信用保証協会融資の特徴

保証と制度融資との違い

保証協会利用上の注意点

利用条件と利用不可の場合

中小企業者とは

保証対象業種とは

保証料について

保証人と担保

代位弁済とは

制度融資の申し込み方法



創業者向けコンテンツ

融資獲得のための正しい会社の設立方法

500万円最速調達セミナー

創業予定者応援講座

正しい自己資金の考え方・作り方

創業時融資制度の改正点

自己資金0でも借りれるか



経営者向けコンテンツ

制度融資って何?

制度融資 メリット・デメリット

金融機関はここ見て貸す!

セーフティネット融資で危機脱出

債務者区分の秘密

債務者区分攻略法

債務者区分判定チャート

赤字決算の場合の対処法



その他コンテンツ

申込み~融資実行までの流れと期間

主要利率一覧表

責任共有制度ってナニ?

100%保証が受けられる商品はこれだ

公的創業融資を確実に引き出す本

事業再生士とは?

セミナー紹介

リンクサイト







                制度融資のメリット&デメリット




     色々と魅力の多い「制度融資」ですが、すべてに万能かといえば、そういうわけではありJませ
     ん。

     場合によっては、他の手段をとったほうが良い場合もあります。


     そこで、ここでは他の一般的な融資や資金調達の方法も交えながら、制度融資の「メリット」
     と「デメリット」を分析してみたいと思います






     少人数私募債
 
     ◆ メリット 

      ・ 中小企業であっても、知り合いや取引先を通じて金融機関を経由せずに、取締役会の決議
        だけで発行することができます。

      ・ 中長期(一般的には、3~5年)の期間にわたって、元本の返済の必要のない安定した資金を
        調達することができます。

      ・ 担保や保証人を必要としません。

      ・ 所定の利息の他に、その会社独自のプレミアムを付けるなどにより、既存の商品にはない
        ユニークな内容を設計することができます。

      ・ 発行により企業の活動内容が周知されることから、金融機関や取引先の評価が高まります。

      ・ 一定の制約内での発行ならば、行政への届出や登記などの手続きが不要です。


     ◆ デメリット

      ・ 少人数私募債として発行するためには、守らなければならない一定の制約 ※があります。

      ・ 自力で引受人を探す必要があることから、協力者を集めることが困難な場合があります。

      ・ 償還日に一括で償還する場合には、返済に向けた計画的な運用が必要となります。


           ※ 少人数私募債のくわしい内容についてはコチラ






     補助金・助成金

     ◆ メリット

      ・ なんといっても返済の必要がないことが、融資などと大きく異なります。

      ・ 種類が豊富で、自分の状況にあった内容のものを選択できます。
    
      ・ 雇用保険関連のものを除き、通常は審査の厳しいものが多いことから、受給できた場合に
        に自社のPRに役立ちます。



     ◆ デメリット

      ・ 補助金や助成金は、厚生労働省管轄のものと、それ以外のものに大別できます。

        前者については、これを利用するためには雇用保険などに加入していることが必須条件
        なります。
        そのため、今後にかかる保険費用とのバランスを考慮することが必要です。

        後者については「コンクールで入賞する」、「特許に近い独創性や技術力がある」、「社
        会貢献性が高いと認められる」など受給のためには高いハードルがあります。
        また、もらえる件数自体もあまり多くはありません。

      ・ 受給要件を満たせば定額がもらえる、というタイプのものはほとんどありません。

        通常は、かかった経費に対して一定の割合で補助が行われる、いわば「先払い、後支給」
        となります。

        そのため、急場の資金繰りには役立ちません。
        また、はじめにある程度の資金がないと、受給できる金額が少なくなります。

      ・ 厚生労働省管轄以外のものについては、審査が年1~2回しか行われていないため、この
        タイミングを逃すと次の機会まで待たなければなりません。





     一般金融機関からの融資(「プロパー融資」)

     ◆ メリット

        ・ 店舗数が多いため、融資の申し込みや相談、返済などの利便性に優れています。
         
        ・ 積極的な商品開発を行っているため、バラエティーに富んだ融資商品があります。

        ・ 政府系の融資に比べて審査時間が短く、急な資金需要にも対応がしやすいです。
 
        ・ ビジネスローンなどの一部商品では、無担保・無保証で大きな金額の融資を受けること
         が可能です。


      ◆ デメリット

         ・ 融資の審査は政府系融資の場合よりも厳しい場合が多く、財務状況が悪い場合には融資
         を受けることができません。

       ・ 融資のための条件や提出書類が多く、手続きが煩雑です。

       ・ 過去にその金融機関と取引がない場合や、創業者などについては制度融資を利用しなけ
         れば、大きな金額の借入れをすることが困難です。 

       ・ 貸出金利は、政府系の融資よりも高くなるのが普通です。





     制度融資


       ◆ メリット

       ・ 一定の要件を満たせる方ならば、個人・法人を問わず融資を受けることが可能です。
         ただし、制度の種類によっては、業種についての制限や特別の条件があります。
           ※ 利用できない中小企業について

       ・ 長期で低利の安定した融資を受けることができます。

       ・ 「創業者向け融資」や「倒産対策融資」など、一般の金融機関では扱っていない種類の
          融資を取り扱っています。

         ・ 法人が融資を受ける場合には、一定額までならば代表者の保証だけで融資を受けること
         ができます。(第三者による保証人が不要)


      ◆ デメリット

       ・ 制度融資の利用には、信用保証協会の保証を受けることが必須となります。
         そのため、融資の際には、通常の金利の他に保証料の負担が発生します。

       ・ 制度の種類が多く、かつ内容が頻繁に入れ替わるため、自分に最も適したものを選ぶの
         が困難な場合があります。

       ・ 通常、企業の実績が少ない場合や、経営状態がよくない場合には、信用保証協会付融資
         (たいてい場合は制度融資)を金融機関から勧められます。
         したがって、これを利用して信用保証協会の信用が得られれば、たいていの金融機関に
         対して融資を申し込むことができるようになります。

       ・ 融資の内容や条件は、これを主催する自治体ごとに大きく異なります。

       ・ 制度融資では、信用保証協会と申込先となる金融機関の双方で審査を行なうため、一方
         がOKでも他方で断られる場合があります。






     日本政策金融公庫からの融資

       ◆ メリット

       ・ 一定の要件を満たせる方ならば、個人・法人を問わず融資を受けることが可能です。
         ただし、制度の種類によっては、業種についての制限や特別の条件があります。
           
       ・ ただし融資の内容や条件は、これを主催する自治体ごとに大きく異なります。


       ◆ デメリット

       ・ 地方では都心部よりも審査が厳しい傾向があります。

       ・ 信用保証協会付融資の場合と異なり、日本政策金融公庫での借入れの実績
は、一般の金
              融機関での借入れの際の実績としてみてもらいにくい場合があります。

       ・ 一部の制度(「新創業融資」や「第三者の保証人を不要とする融資」)を除き、借入れに
         あたっては担保か保証人が必要となります。



     ※ 制度融資の利用は、日本政策金融公庫の融資と併用して行うことができます。
         両方の融資のご利用をお考えの方は下記の窓口からご相談ください。



お問い合わせ、料金についてはこちら


               ホームに戻る