創業者・開業者の方へ! 3,000件を超える相談実績。119番資金調達.netでは毎日、無料相談を実施中。 03-6240-9671
119番 資金調達net 初回無料電話相談03-6240-9671 メールでのご相談ichigo.shikin@gmail.com  営業時間9:00~18:30(月~金)

        詳しくはこちら



TOPページ

プロフィール

料金、サービスについて

事務所の所在地


特定商取引法の表記

個人情報保護法の表記

これまでの実績・解決事例

サイトマップ



特集関連

融資成功 FAQ

再チャレンジ融資の活用法

金融検査マニュアルの裏技的使い方

融資制度お勧め特集

少人数私募債への挑戦

債務の減額テクニック

融資申込みNG集

上手な支援策の利用法

登記手続きでトクする方法

新会社法FAQ辞典

敷金返還 ノウハウ

FC加盟  資金調達編

FC加盟  トラブル・対策編



日本政策金融公庫関連

日本政策金融公庫の特徴

融資ための必要書類

公庫融資 必勝の極意

事業計画書作成の流れ

実践!事業計画書作成 & ポイント



信用保証協会関連

信用保証協会融資の特徴

保証と制度融資との違い

保証協会利用上の注意点

利用条件と利用不可の場合

中小企業者とは

保証対象業種とは

保証料について

保証人と担保

代位弁済とは

制度融資の申し込み方法



創業者向けコンテンツ

融資獲得のための正しい会社の設立方法

500万円最速調達セミナー

創業予定者応援講座

正しい自己資金の考え方・作り方

創業時融資制度の改正点

自己資金0でも借りれるか



経営者向けコンテンツ

制度融資って何?

制度融資 メリット・デメリット

金融機関はここ見て貸す!

セーフティネット融資で危機脱出

債務者区分の秘密

債務者区分攻略法

債務者区分判定チャート

赤字決算の場合の対処法



その他コンテンツ

申込み~融資実行までの流れと期間

主要利率一覧表

責任共有制度ってナニ?

100%保証が受けられる商品はこれだ

公的創業融資を確実に引き出す本

事業再生士とは?

セミナー紹介

リンクサイト




ガイドラインと東京ルールとは?




 
  「ガイドライン」と「東京ルール」


    ガイドラインとは、正式名称を「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」といい、国土
    交通省
が作成した賃貸住宅の退去時における原状回復について費用負担等の適正な考え方を
    まとめた手引書です。
   (平成
12年2月改正)


    これに対し、東京ルールとは、正式名称を「東京における住宅の賃貸借に係る紛争の
防止に
    係る条例と
いい、国土交通省のガイドラインをもとに、同様の内容を東京都の条例という形
    で定めたものです。  (平成
16331日公布、101日施行)




  両者の違いについて

    ガイドラインも東京ルールも、基本的な内容はほとんど同じです。  
     ただし、次の点で異なります。

     (ガイドライン)
  
    ・単なる指針であり特別な強制力を持たない。
      ・ガイドラインは民間の賃貸借の全般に適用される。

    (東京ルール)
  
    ・違反した宅地建物取引主任者に対して、報告義務や是正の指導、勧告、公表をす
       ることができる。

  
    ・適用があるのは、以下の賃貸借に限られる。
   
     ① 宅地建物取引主任が仲介等を行う都内の居住用の賃貸住宅
         ② 平成16101日以降に重要説明を行う新規の賃貸借契約

      ※ 注 意

        店舗・事務所等の事業用である場合や、貸主と直接契約を結ぶ場合には
平成
        
16
101日以降の契約であっても更新契約については、東京ルールは適用
        されません。





   東京ルールによる規制の対象

    東京ルールでは、上記の適用がされる賃貸借について、宅地建物取引主任が仲介等を
    す
る場合には、次に掲げる事項を記載した書面を交付の上、説明をすべきことを義務
    づけ
ています。


        ① 退去時における住宅の損耗等の復旧については原則、賃貸人が行うこと。
    
   (特約がある場合または賃借人の責めに帰すべき事由による場合を除く)


        ② 住宅の使用収益に必要な修繕については原則、賃貸人が行うこと。
            (特約がある場合または賃借人の責めに帰すべき事由による場合を除く

     ③ 賃貸借契約の中で、借主の負担としている具体的な事項


     ④ 設備の修繕及び維持管理等に関する連絡先





   原状回復等による原則

    ガイドラインと東京ルール(以下、ガイドライン等という)において、賃借人は以下
    の3つのいずれかがあった場合にのみ、これによって生じた部屋の損耗
・毀損を賃借
    人が自らの負担で復旧すべきものとしています。

     ① 賃借人の故意、過失があった場合

        ② 善管注意義務違反があった場合

        ③ 通常の使用を超えるような使用があった場合

   つまり、このいずれにも該当しない場合には、

    住んでいた年数により多少、部屋の傷み     部屋を退去する際に敷金から

   があったとしても、賃借人はこれについ    補修費を引かれない。

   て責任を負わなくてもよい。          (引いては「いけない。」)

   ということになります。


      では、「上記の①~③に該当する場合」(賃借人が責任を負うものとされる場合)と「そ
     れ以外の場合」(賃借人が責任を負わなくてもよい場合)は、それぞれどんな場
合なのか
     その一部をご説明します。

         ※ 詳しくは次章「借主の責任となる場合・ならない場合」を参照ください。





    賃借人の負担となる場合、ならない場合


     賃借人が責任を負うものとされる場合 

   1.賃借人の故意、過失があった場合
       
賃借人がわざと(故意)または不注意(過失)により、部屋のクロスを汚した。
     
床にキズをつけてしまった。 など

    2.善管注意義務違反があった場合
       (そもそもの損傷自体は賃借人の責任で生じたものではないが、その後の賃借人の
      管理が悪かったせいで、損傷が拡大したような場合)

        普通に使用していたら発生したカビを放置したことによって、カビの範囲が拡がっ
      てしまった。  など


   3.通常の使用を超えるような使用があった場合
      トイレのタオルかけに重量のあるものをかけて破損してしまった。 など


   賃借人が責任を負わないとされる場合 

   1.賃借人が通常の住み方、使い方をしていても通常、発生するものと考えられるキズや
       汚れ(「通常損耗」といいます。)

   2.建物や設備の自然的な劣化(「経年劣化」といいます。)




                ご相談・料金についてはこちら


                    ホームに戻る