創業者・開業者の方へ! 3,000件を超える相談実績。119番資金調達.netでは毎日、無料相談を実施中。 03-6240-9671
119番資金調達.net 初回無料電話相談03-6240-9671 メールでのご相談ichigo.shikin@gmail.com  営業時間9:00~18:30(月~金)

   詳しくはこちら




TOPページ

プロフィール

料金、サービスについて

事務所の所在地


特定商取引法の表記

個人情報保護法の表記

これまでの実績・解決事例

サイトマップ



特集関連

融資成功 FAQ

再チャレンジ融資の活用法

金融検査マニュアルの裏技的使い方

融資制度お勧め特集

少人数私募債への挑戦

債務の減額テクニック

融資申込みNG集

上手な支援策の利用法

登記手続きでトクする方法

新会社法FAQ辞典

敷金返還 ノウハウ

FC加盟  資金調達編

FC加盟  トラブル・対策編



日本政策金融公庫関連

日本政策金融公庫の特徴

融資ための必要書類

公庫融資 必勝の極意

事業計画書作成の流れ

実践!事業計画書作成 & ポイント



信用保証協会関連

信用保証協会融資の特徴

保証と制度融資との違い

保証協会利用上の注意点

利用条件と利用不可の場合

中小企業者とは

保証対象業種とは

保証料について

保証人と担保

代位弁済とは

制度融資の申し込み方法



創業者向けコンテンツ

融資獲得のための正しい会社の設立方法

500万円最速調達セミナー

創業予定者応援講座

正しい自己資金の考え方・作り方

創業時融資制度の改正点

自己資金0でも借りれるか



経営者向けコンテンツ

制度融資って何?

制度融資 メリット・デメリット

金融機関はここ見て貸す!

セーフティネット融資で危機脱出

債務者区分の秘密

債務者区分攻略法

債務者区分判定チャート

赤字決算の場合の対処法



その他コンテンツ

申込み~融資実行までの流れと期間

主要利率一覧表

責任共有制度ってナニ?

100%保証が受けられる商品はこれだ

公的創業融資を確実に引き出す本

事業再生士とは?

セミナー紹介

リンクサイト






          119net 資金調達ブログ





    合法的に自己資金を増やす方法


    前回は、会社を設立する際の資本金の準備の仕方ということで、設立手続きの流れと資本金と
    自己資金が同じではないというについてご説明しました。


    しかし、これから融資の申込みを考えている方の中には、思うように「自己資金が少ない」、
    「もっと、自己資金を増やしたい」という方も少なくないかと思います。


    そこで、今回は「合法的に自己資金を増やす方法」をご紹介します。


    自分の手持ちの現預金以外で自己資金を増やすには、以下の3つの方法があります。



     ① 協力者(出資者)を数多く集める。

    そもそも会社とは、複数の出資者の出資により設立されるのが原則です。

     しかし、最近では手続きの手軽さから、その多くが自己もしくは家族だけで出資するパターン
    となって
きており、その結果として思うように資金を用意できず、「小さな資本金で設立する」
    =
「思うように融資が借りられない」というジレンマに陥るケースが増えています。

    そこでこれを解決するためには、一人あたりの資金額は少なくともよいので、できるだけ多く
    の人から資本を調達するというのが、もっとも基本的な解決策となります。



    確かにスポンサー集めは骨の折れる作業ですが、身内だけでなく第三者からも資金の調達に成
    功した場合には、資本金が充実するだけでなく、その事業に対する協力者が多くなるという点
    からも、融資審査でのアピールポイントになります。

    とはいえ、第三者を社内に入れるということは、身内だけで好き勝手にはできなくなるという
    ことを意味しますので、配当や経営権の確保などについては十分な配慮が必要となります。




    ② 事業開始前に支払った費用を自己資金とする(「みなし自己資金」の活用)

    自己資金として認められるのは、何も設立時の資本金だけではありません。

    もし、あなたが会社を作る前に事業のために支出した経費などがある場合には、それについて
    も自己資金として認めてもらえる可能性が十分にあります。


    このような事業の開始前にその事業のために支出した金額を「みなし自己資金」と言います。


    例としては、営業または事業の準備に関する経費や、事業開始前に仕入れたものの資金、事業
    に利用する目的で事前に設備や備品類を購入した場合の費用などが挙げられます。   

    しかし、会社設立のための法定費用(登録免許税や公証人手数料)や、手数料(専門家に支払
    った報酬)などについては、一般的には事業のためと認められませんので注意が必要です。



    また、よくある質問として、

    「 会社の設立後、融資が出るまでに事業の経費を支出したため通帳の残高が当初より減って
      しまっている。このような場合には、現在の残高が自己資金となるのか? 」


    といものがありますが、日本政策金融公庫の新創業融資の場合には、このような場合でも初め
    に入金されていた額をもって自己資金として認めてもらえるので心配はありません。



    しかし、この場合でもその支出が「事業のために」されたものであることが必要となりますの
    で、これらのかかった経費についてはシッカリと領収を残しておく必要があります。


    なお、制度融資などの信用保証協会の保証付き融資では、日本政策金融公庫の場合と比較して、
    自己資金として認められる範囲が異なるので、注意が必要です。




    ③ 現物出資をする。

    会社の設立時に資本金とすることができるのは、金銭だけではありません。
    それまで個人が使っていた自動車や、その他の財産などを出資の対象とすることも可能です。

    このような出資の方法を「現物出資」と言います。


    このように動産や不動産を出資することにより、現預金によらずとも大きく自己資金を増やす
    ことができます。
   

    その詳しい手続きについてはここでは省きますが、融資の審査では次の点がポイン
トとなりま
    す。

 ・ 設立時の定款にキチンと現物出資の内容が記載されているか?

 ・ 現物出資の評価は、時価相場と同じ額になっているか?

 ・ 現物出資によるだけでなく、必要な分の現預金なども確保できているか?


    以上のポイントのうち最後のものについては、現物出資の額と比較して、現預金がいくらあれ
    ば絶対大丈夫という基準はありません。
   

    しかし、現物出による財産は対外的な支払いに利用できないものであることを考えれば、事業
    計画上はこれがなくとも現預金分だけでその後の経営がまかなえる内容となっていることが望
    ましいものと思われます。




    以上のように、自己資金はやり方によっては合法的に増やすことが可能です。

    しかし、一方では、他から一時的に持ってきた資金(いわゆる「見せ金」)を利用して、自己資
    金を増やそうとする動きも後を絶ちませんが、たいていの場合はばれてしまます。

    では、そもそもなぜ、見せ金はばれてしまうのでしょう?

    また、調査の際に、金融機関はどのような点に注目しているのでしょう?

    次回は「見せ金がばれる理由」について説明します。


     → 第5回目は 見せ金がばれる理由 です。



                      

お問い合わせ、料金についてはこちら


 ホームに戻る