創業者・開業者の方へ! 3,000件を超える相談実績。119番資金調達.netでは毎日、無料相談を実施中。 03-6240-9671
119番 資金調達.net 「代位弁済」は本当に怖いのか?

    詳しくはこちら


TOPページ


プロフィール

料金、サービスについて

事務所の所在地


特定商取引法・個人情報保護法の表記

これまでの実績・解決事例

お客様からのお礼の声

サイトマップ



特集関連

融資成功 FAQ

再チャレンジ融資の活用法

金融検査マニュアルの裏技的使い方

融資制度お勧め特集

少人数私募債への挑戦

債務の減額テクニック

融資申込みNG集

上手な支援策の利用法

登記手続きでトクする方法

新会社法FAQ辞典

敷金返還 ノウハウ

FC加盟  資金調達編

FC加盟  トラブル・対策編



日本政策金融公庫関連

日本政策金融公庫の特徴

融資ための必要書類

公庫融資 必勝の極意

事業計画書作成の流れ

実践!事業計画書作成 & ポイント



信用保証協会関連

信用保証協会融資の特徴

保証と制度融資との違い

保証協会利用上の注意点

利用条件と利用不可の場合

中小企業者とは

保証対象業種とは

保証料について

保証人と担保

代位弁済とは

制度融資の申し込み方法



創業者向けコンテンツ

融資獲得のための正しい会社の設立方法

500万円最速調達セミナー

創業予定者応援講座

正しい自己資金の考え方・作り方

創業時融資制度の改正点

自己資金0でも借りれるか



経営者向けコンテンツ

制度融資って何?

制度融資 メリット・デメリット

金融機関はここ見て貸す!

セーフティネット融資で危機脱出

債務者区分の秘密

債務者区分攻略法

債務者区分判定チャート

赤字決算の場合の対処法



その他コンテンツ

申込み~融資実行までの流れと期間

主要利率一覧表

責任共有制度ってナニ?

100%保証が受けられる商品はこれだ

公的創業融資を確実に引き出す本

事業再生士とは?

セミナー紹介

リンクサイト



代位弁済とは?その解決策は?

       電話無料相談 (20分)随時受付中! 03-6240-9671



    「代位弁済は本当に怖いのか?」


   代位弁済による影響の実際
  

   代位弁済というと、「すべてをなくしてしまう」とか「事業ができなくなる」などといったネガ
   ティブなイメージをもたれるる方が多いと思います。

   確かに代位弁済の通知を見れば「残金を一括で返済」とか、「14.6%の損害金」などといった怖
   い文面となっているので、これを見た方がそう思ってしまうのもやむを得ないでしょう。 

   しかし、実際には、無担保無保証での借り入れをされている方になどについては、月額数万円程
   度の長期払いで決着がついたりする場合も、結構あります。

   また、自宅や工場が担保に入っている場合でも、「弁済計画」の内容次第では、そのまま利用で
   きているケースもかなり多くあります。


   「事業ができなくなる」という件についても、代位弁済をされることにより新規の融資は出なく
   なりますので、これをもってそのようにお考えになるのかもしれませんが、だからといって手形
   の不渡りを出した時のように銀行取引が停止になる、というわけでもありません。


   というよりか、信用保証協会としては、その後の弁済を続けてもらうためにも、事業を継続して
   もらわなければ困るのです。

   また、代位弁済により、それまでの借り入れに頼る経営体質を見直すきっかけとなることもあり
   ます。





   代位弁済によるメリット


   それでは、代位弁済をされることによるメリットとは具体的に何でしょう。

   その一番大きなものとしては「返済額の大幅な削減」が挙げられます。

   当たり前ですが、代位弁済をされた場合には月々の返済額は大幅に削減されるのが普通です。

   実際にどの程度の額になるかについては、その方の状況によりますが、10分の1以下になるの
   が一般的です。



   また、次に考えられるのが「プロパー融資の債務の圧縮の可能性」です。

   代位弁済がされても信用保証協会付の融資については、その管理機関の管轄に移るだけで、こ
   の債権が他に譲渡されることはありません。

   しかし、これに対してプロパー融資については、金融機関は代位弁済がされたタイミングでこ
   のプロパー融資分の債権をサービサーに売却することがほとんどです。


   したがって、信用保証協会付融資については無理としても、プロパー融資についてはその後、
   交渉次第でサービサーから安く買い取ることができる可能性がでてきます。

   この場合の買取りの目安としては担保・保証人の有無により異なりますが、おおむね次の目安
   となります。
 
    ・ 担保付きの債権の場合    その担保価格の時価相当額程度
    ・ 保証人付きの債権の場合   その保証人の資力による
    ・ 無担保無保証債権の場合   債権額の10~20%程度


   つまり、プロパー融資が仮に無担保無保証融資のものであった場合には、額面金額の20%程
   度までの資金を用意すれば、その債権の放棄や譲渡を受けられる可能性があるといえます。

   もちろん、すべてのサービサーがこのような金額での買取りに応じてくれるとは限らないの
   ですが、これが成功すれば事業再建への大きな弾みとなます。


   代位弁済には大きなデメリットがつきまといますが、このようにメリットとはいいきれない
   までも、それに近い効果があるとも言えます。




   代位弁済への準備と覚悟



   けれど、代位弁済が事業をする人間にとって、かなり厳しい結果であるということには変わり
   ありません。

   しかし、これは誰のせいでもなく、すべては自分の責任で招いたことですから、甘んじて受け
   入れなければならないというのも事実です。

   この心構えができているかどうか
により、その後の信用保証協会との交渉にも大きな違いが出
   てきます。


   例えば、やむを得ず自宅を売却しなければならなくなったのであれば、その際に取るべき方法
   は、

    ・ 金融機関の協力を得て、多少でも高い金額で売却する ➙ 任意売却

    ・ 最後まで逃げ回り、結果、安い金額で売却される   ➙ 強制競売

   のどちらかということになります。


   中には、「どうせ売られてしまうのであれば、どちらで売れても関係ない」とお考えの方もい
   るかもしれませんが、いくらで売れたかはその後の残債の多寡に大きく影響します。

   なので、決して高く売れる=金融機関を喜ばせるだけということではなく、その後の自身の返済
   負担に影響してくるのです。



   また、真摯に対応をしない人間に対しては、信用保証協会も決して温情的な対応をしてはくれ
   ません。

   もちろん、初めから何の手立てもせず、売却や保証人への請求を認めるというのは「無策」に
   過ぎませんが、どのような結果になってもそれを受け入れる覚悟で、真摯に交渉するという態
   度がなければ、実りのある結果は得られないということになります。



                     ➙ 「代位弁済通知が来た!その後の対応」に続く



             お問い合わせ、料金についてはこちら