資金調達の専門行政書士! 日本政策金融公庫・信用保証協会付融資他の公的融資を引き出すためのノウハウをすべて公開!

119番資金調達.net 初回無料電話相談03-6240-9671 メールでのご相談ichigo.shikin@gmail.com  営業時間9:00~18:30(月~金)

    詳しくはこちら



TOPページ

プロフィール

料金、サービスについて

事務所の所在地


特定商取引法の表記

個人情報保護法の表記

これまでの実績・解決事例

サイトマップ



特集関連

融資成功 FAQ

再チャレンジ融資の活用法

金融検査マニュアルの裏技的使い方

融資制度お勧め特集

少人数私募債への挑戦

債務の減額テクニック

融資申込みNG集

上手な支援策の利用法

登記手続きでトクする方法

新会社法FAQ辞典

敷金返還 ノウハウ

FC加盟  資金調達編

FC加盟  トラブル・対策編



日本政策金融公庫関連

日本政策金融公庫の特徴

融資ための必要書類

公庫融資 必勝の極意

事業計画書作成の流れ

実践!事業計画書作成 & ポイント



信用保証協会関連

信用保証協会融資の特徴

保証と制度融資との違い

保証協会利用上の注意点

利用条件と利用不可の場合

中小企業者とは

保証対象業種とは

保証料について

保証人と担保

代位弁済とは

制度融資の申し込み方法



創業者向けコンテンツ

融資獲得のための正しい会社の設立方法

500万円最速調達セミナー

創業予定者応援講座

正しい自己資金の考え方・作り方

創業時融資制度の改正点

自己資金0でも借りれるか



経営者向けコンテンツ

制度融資って何?

制度融資 メリット・デメリット

金融機関はここ見て貸す!

セーフティネット融資で危機脱出

債務者区分の秘密

債務者区分攻略法

債務者区分判定チャート

赤字決算の場合の対処法



その他コンテンツ

申込み~融資実行までの流れと期間

主要利率一覧表

責任共有制度ってナニ?

100%保証が受けられる商品はこれだ

公的創業融資を確実に引き出す本

事業再生士とは?

セミナー紹介

リンクサイト






           次の決算に間に合う!
              
融資力強化セミナー


                < 中小企業の正しい借り方とは? >




    銀行が会社を見離す理由



   最近は、長引く景気の落ち込みや、消費の冷え込みにより「お金を借りる」ということ自体が非常に難し
   くなっています。

   これに対し、政府もここ数年は信用保証協会の保証枠が2倍になる「セーフティネット保証制度」や金融
   機関への返済を一定期間猶予してもらえる「リスケジュール措置」などの景気対策を行って、中小企業の
   救済を行ってきました。

   しかし、
にもかかわらず多くの経営者の間から「効果が続かない」、「お金が回らない」という不満の声
   がでるのは、その後の資金が続かないことに大きな原因があります。


     このようなカンフル剤的な支援はそれなりに効果はあるのですが、やはり商売をする上で重要なのは「金
    融機関からの継続的な輸血(融資)」であり、これがあって初めて商売も計画的に行うことができます。


   けれど、同じような規模の商売をしていても、安定して輸血(融資)を受けられる会社がある一方で、銀
   行から融資を絞られてしまう会社もあります。

   それはなぜでしょう?


    これにはもちろん、様々な原因がありますが、後者の会社に共通していえるのは、経営者自身が「財務内
   容を理解できていない場合が多い」という特徴があります。
   
   そして
    財務内容がわからないから、有効な資金繰りや返済計画がつくれない → 融資や資金調達ができない
    → 計画的な投資ができない → ライバルに競り負ける
   という負のスパイラルにはまり込んでいってしまいます。


   ですのでこのような会社は、必要資金の調達やリスケジュールの更新の場面においても、まず真っ先に見
   放されることになります。
   



    経営姿勢を見抜く!魔法の質問とは?



    経営者の方の中には、単純に「これからも銀行には今までどおりに面倒を見てもらえる」とか、「そこま
   でではないにしても、ウチがいきなり切られることはないだろう」と楽観視している人をよく見うけます。

   しかし、このような考えでいる会社に限って、ある日突然、銀行から切り捨てられたりします。

   このような考えは、確かに以前の景気のよいときならばそれでもなんとかなったかも知れませんが、現在
   の金融機関のスタンスを考えた場合、はなはだ心もとないといえます。


    「
一定の判断基準にもとづいて、その会社の内容を細かく分析し、さらに、先々のリスクを考えた上で、
     
支援する先とそうでない先とを選別する

     これが現在の銀行での融資のやり方であり、その際の判断ポイントとなるのが

    ・ 「会社の財務状況はどうなっているのか?」
    ・ 「経営者が財務に対してどういう取り組み方をしているか?」

     という2点です。

    会社の財務状況について銀行がどのように判断しているのかについては後の回で説明しますが、そもそ
    もあなたが銀行の立場なら、経営が悪化していたり、経営者が財務内容を把握できていない会社にお金
    を貸したいと思うでしょうか? 

    この点については、銀行であってもまったく同じであって、結局、銀行がその会社にお金を貸すか貸さ
    ないかはその企業の財務内容と経営者の考え方にかかっているということができます。



    ここで銀行から見た場合にあなたが「経営オンチ社長なのかどうか?」を知るための、とても簡単な質
    問があります。


    それは
             「社長さん、ご自身の会社の決算書、読めますか?」
    というものです。



     自分の会社の決算書がまったく理解できていなかったり、または税理士まかせだとしたら、その会社は金
    融機関からは相当厳しい目で見られている可能性があります。

     ですので、もし、本当にあなたがそうであるならば、ひょっとすると次に銀行から「NO」を宣告される
    のはあなたの会社かも知れません。


    しかし、仮に今あなたが、決算書を読めず、また銀行の考え方がまったくわからないないとしても、十
    分に挽回することは可能です。

    なぜなら、
    ・融資をうけるために必要な決算書の読み方や、銀行との交渉にはコツがあり、
    ・そのコツを知った上で正しい対策を続けていけば

   必ず今期よりも翌期、翌期よりも翌々期には銀行から融資を受けやすくすることができる
   からです。


    このコラムでは、資金調達や融資を受ける上で必要なこの「コツ」と「対策」について順次、ご説明して
    いきます。


          


          
          

                         

お問い合わせ、料金についてはこちら