創業者・開業者の方へ! 3,000件を超える相談実績。119番資金調達.netでは毎日、無料相談を実施中。 
119番 資金調達net 初回無料電話相談03-6240-9671 メールでのご相談ichigo.shikin@gmail.com  営業時間9:00~18:30(月〜金)
成功報酬型融資サポート−リスクフリー
      詳しくはこちら



TOPページ


プロフィール

料金、サービスについて

事務所の所在地


特定商取引法・個人情報保護法の表記

これまでの実績・解決事例

お客様からのお礼の声

サイトマップ



特集関連

融資成功 FAQ

再チャレンジ融資の活用法

金融検査マニュアルの裏技的使い方

融資制度お勧め特集

少人数私募債への挑戦

債務の減額テクニック

融資申込みNG集

上手な支援策の利用法

登記手続きでトクする方法

新会社法FAQ辞典

敷金返還 ノウハウ

FC加盟  資金調達編

FC加盟  トラブル・対策編



日本政策金融公庫関連

日本政策金融公庫の特徴

融資ための必要書類

公庫融資 必勝の極意

事業計画書作成の流れ

実践!事業計画書作成 & ポイント



信用保証協会関連

信用保証協会融資の特徴

保証と制度融資との違い

保証協会利用上の注意点

利用条件と利用不可の場合

中小企業者とは

保証対象業種とは

保証料について

保証人と担保

代位弁済とは

制度融資の申し込み方法



創業者向けコンテンツ

融資獲得のための正しい会社の設立方法

500万円最速調達セミナー

創業予定者応援講座

正しい自己資金の考え方・作り方

創業時融資制度の改正点

自己資金0でも借りれるか



経営者向けコンテンツ

制度融資って何?

制度融資 メリット・デメリット

金融機関はここ見て貸す!

セーフティネット融資で危機脱出

債務者区分の秘密

債務者区分攻略法

債務者区分判定チャート

赤字決算の場合の対処法



その他コンテンツ

申込み〜融資実行までの流れと期間

主要利率一覧表

責任共有制度ってナニ?

100%保証が受けられる商品はこれだ

公的創業融資を確実に引き出す本

事業再生士とは?

セミナー紹介

リンクサイト






創業融資実践日記

電話無料相談 (20分) 随時受付中!

         03-6240-9671




    第5回目


      物件探しへ ゴー!

     
       コンセプトの件については引き続きの宿題にするとして、今日は、いよいよ
       本格的な物件探しの日である。


       これまで、ネットの情報をもとにいくつかの物件にあたりをつけておいたのだが、
          契約を前提に見て回るのはこれが初めてである。



        第一希望としては池袋の駅近辺なので、その周辺の物件を3〜4ケ所見せて
        もらうことにする。


 
        あまり時間がないので、事前に選んだいくつかの候補の中から、できれば
        今日中に決めたいと思っているのだが、なかなかこれが難しい。

        しかし、この物件が、独立開業後の城となるわけなのだから、いい加減には
        決められない。

        何とかかんとか苦労して、ようやく2つにまで絞り込んだ時には、
        もう、夕方が近くなっていた。


        どちらも居抜き物件なのだが、前回の面談の時に先生に教えてもらったチェック
        ポイントを思い出しながら、最終的に池袋の繁華街から少し外れた場所にある
        物件を選んだ。



        すでに前入居者は退去しているので、残っている造作物をどうするかの話が
        つけば、
すぐにでも入れるらしい。

        その場から不動屋さんに前の入居者に電話をしてもらい、
         造作物については30万円で買い取ることに話が決まった。






      自宅で? お店で? どっち得か?


       その2日後、前入居者と現地で会い、造作物の確認と状態についての説明を受け、
       30万円と引き換えに造作譲渡契約書に判を押してもらう。

       その足で不動産屋に駆け込んで契約のお願いをしたところ、ここで一つ問題が
       起こった。



       それは、自宅とテナントのどちらをで登記をするかということだ。

       通常、法人の設立をした場合には、新しく借りたテナントを本店にして登記をす
       るのだが、そのためにはその前に大家と契約を済ませておく必要がある。



       しかし、現在の時点では法人はまだできていないたので、まずは先に個人名で
       契約をし、法人の登記が完了した後に改めて法人名義での契約を結ばなければ
       ならない。


       もし、いきなりテナントでの登記をしないのでなければ、一旦、自宅で本店登記
       をしたうえで、テナントへ移転登記をする必要があるが、そうなると無駄な費用
       や時間がかかるだけでなく、登記簿上の見栄えも悪くなる。




       手間ヒマのことを考えればはじめの方法でしたいのだが、
       個人名から法人名に切り替えるときには「名義の書換え料」が発生する可能性
       があるらしい。



       この点について不動産屋に確認すると
       「形式的にせよ、個人名義から法人名義に切り替えることになるため、通常は
        際には契約書を作り直さなくてはならないので、
        通常は家賃1ケ月分の手数料が必要になる」
       らしい。



       中身はまったく同じなのに、表面的な名義が違うだけで1ヶ月分もの
       手数料を支払わなければならないのは、何ともバカらしい。


       そこでこの点については、不動産屋からも口添えをしてもらい、渋る大家を
       説得し、何とか無料で書き換えをしてもらうことに成功した。



       なお、この物件を借りるのにかかった費用の内訳としては、
       1ケ月分の家賃が90,000円(税込、管理費込)なので、



        ・ 敷   金       6ヶ月分

        ・ 礼   金       1ヶ月分

        ・ 仲介手数料       1ヶ月分

          ・ 当座の家賃     1ヶ月分

          ・ 保証会社の保証料  1ヶ月分


       の計10ヶ月 900,000円がかかることに。


         当初の見込みより約2ヶ月分のオーバー。

         なかなか、予定通りにはいかないことを痛感するとともに、
       資金調達の必要性を切実に感じることとなった。



                       → 「創業資実践日記 その6」に続く




  

               お問い合わせ、料金についてはこちら