資金調達の専門行政書士!日本政策金融公庫・信用保証協会付融資他の公的融資を引き出すためのノウハウをすべて公開!

119版資金調達.net 初回無料電話相談03-6240-9671 メールでのご相談ichigo.shikin@gmail.com  営業時間9:00~18:30(月~金)

    詳しくはこちら



TOPページ

プロフィール

料金、サービスについて

事務所の所在地


特定商取引法の表記

個人情報保護法の表記

これまでの実績・解決事例

サイトマップ



特集関連

融資成功 FAQ

再チャレンジ融資の活用法

金融検査マニュアルの裏技的使い方

融資制度お勧め特集

少人数私募債への挑戦

債務の減額テクニック

融資申込みNG集

上手な支援策の利用法

登記手続きでトクする方法

新会社法FAQ辞典

敷金返還 ノウハウ

FC加盟  資金調達編

FC加盟  トラブル・対策編



日本政策金融公庫関連

日本政策金融公庫の特徴

融資ための必要書類

公庫融資 必勝の極意

事業計画書作成の流れ

実践!事業計画書作成 & ポイント



信用保証協会関連

信用保証協会融資の特徴

保証と制度融資との違い

保証協会利用上の注意点

利用条件と利用不可の場合

中小企業者とは

保証対象業種とは

保証料について

保証人と担保

代位弁済とは

制度融資の申し込み方法



創業者向けコンテンツ

融資獲得のための正しい会社の設立方法

500万円最速調達セミナー

創業予定者応援講座

正しい自己資金の考え方・作り方

創業時融資制度の改正点

自己資金0でも借りれるか



経営者向けコンテンツ

制度融資って何?

制度融資 メリット・デメリット

金融機関はここ見て貸す!

セーフティネット融資で危機脱出

債務者区分の秘密

債務者区分攻略法

債務者区分判定チャート

赤字決算の場合の対処法



その他コンテンツ

申込み~融資実行までの流れと期間

主要利率一覧表

責任共有制度ってナニ?

100%保証が受けられる商品はこれだ

公的創業融資を確実に引き出す本

事業再生士とは?

セミナー紹介

リンクサイト






          次の決算に間に合う!
             
創業融資徹底攻略塾


               < 融資申込み~入金までの流れについて >





    融資によって入金までの時期が異なる


    
よく、「融資の申込みをしてからお金が出るまで(これを「融資の実行」といいます)はどのくら
    いかかりますか?」という質問を受けます。


       特に創業融資の場合には、融資の実行時期がずれると

    ・ 予定の時期にオープンできない。

    ・ 余計な家賃負担をしなければならない。

      ・ 必要な支払いができない。

    などの問題が生じるため、「いつ融資がされるのか?」は重要な問題です。


     一般的に日本政策金融公庫の「新創業融資」や、都道府県主催の制度融資(信用保証協会付融資)
    を利用した場合、申込み~融資実行までの期間は、約1~1.5ケ月程度となっています。


    なお、特に注意しなければならないのは、市区町村などが主催する制度融資に申し込む場合です。


     この場合には、正式な融資申し込みをする前に、市区町村の相談員による事前診断が行われるこ
    とがあリますが、打ち合わせは1度ですまないことが多いため、その分融資の実行まで時間が長
    くかかります。(ちなみに、信用保証協会への申し込みには、事前にこの相談員のOKをもらわ
    ねばならないことになっています)



     しかし、市区町村が行う制度融資については、「信用保証料の補助」があったり、「金利が優遇
    される」などのメリットもあるため、時間をとるか、これらの優遇措置を取るかはその人の考え
    次第ということになります。





    融資の流れについて


    
融資の申し込み~実行がされるまでの一般的な流れと時間については、以下のフローのとおりと
    なります。


    しかし、ここにあげた各作業の順序や期間は一つの目安であり、地域や状況によっては変わるこ
    とがありますので、正確な内容については担当の金融機関へご確認ください。

    また、飲食や理・美容業などの生活衛生業を行う場合で、300万円を超える日本政策金融公庫の
    融資を申し込む場合には、申し込み前までに生活衛生営業指導センターが発行する知事の推薦書
    が必要となります。

    そのため、その場合にはあらかじめこれを取得しておく必要があります。
     (この証明書は、たいてい即日~1日程度で取得できます。)



            


            相談の内容については事前に想定した上で、ロールプレイなどをしておくとよりスムーズ
        に対応することができます。 


       ② 主な調査点としては、「本当に事務所の実態があるのか?」、「営業が可能なのか?」、
         「営業をする上で問題がないか?」などがあります。
        ※ 特に事業計画の内容とズレがないかを再確認してください。


            電話等により、融資の可否(減額の場合はその額)についての連絡が行われます。   
         ※ ただし、この連絡がされず、いきなり結果についての通知がされることもあります。


       ④ 決定された融資の金額が通帳に入金されます。
        なお、制度融資の場合には、あらかじめ保証料が融資額から差し引かれます。



                         

お問い合わせ、料金についてはこちら